201609top.jpg 産褥熱がやってきたときの話 しゅふまん~主婦ときどき漫画家~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

産褥熱がやってきたときの話

2013105.jpg










2013106.jpg





2013107.jpg


わたしの場合、退院後4日目で「あれ熱があるかも…。そして腹も異様に痛い。
(便秘のときのような痛みでした)」
「下剤効かないなー。授乳中でも飲めるやつだから弱いのかな?」



と思っていたらあれよあれよいうまに6日目に39度の熱。
産院に状態を電話で話し、解熱剤を飲んでもいいか聞いたら
「それは産褥熱かも。今すぐ来て」の指示。



病院についてすぐ血液検査と内診。(子宮に棒を刺してグリグリ診るやつ)
超・激・痛



2013108.jpg



1時間ほどで血液検査の結果が出て、渋い顔の先生が言いにくそうに
「ご家族様、来てますか」の言葉。肝が冷える。
(夫と母に赤ちゃんを任せて一人で来てました。)

そんな感じで産褥熱が判明しました。




運よく最初に投与された抗生物質の点滴が効いたために、すぐによくなり
初点滴から3日目には平熱まで下がり、お腹の痛みも消えました。


これから産む方は、産後の発熱と、お腹の痛みに注意してください!
特に便秘のときの腹痛とちょっと似てるので、わたしもまさか子宮の
痛みだと思いませんでした。産褥熱になると悪露の量とか増えると
書いてあったりしますが、わたしはまったく変わりませんでした。
(増えてたら自分でも「子宮がおかしい」と気づいたかも、です。)

ほっといてしまうと「敗血症」などの怖い病気になってしまうことも
あるらしいので、疑いがあるときはすぐ受診した方がよいそうです。





      にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ


↑以上のランキング参加中です。
ポチッとありがとうございます!
押していただけると励みになりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2013年06月24日 | 日常絵日記

訪問者数

描いている人

カテゴリ

カレンダー

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。